東京大学大学院新領域創成科学研究科

「環境エネルギーまちづくり」を通じた地域社会イノベーション

本事業は、東京大学大学院新領域創成科学研究科が、国立環境研究所および福島県新地町と連携し、「環境エネルギーまちづくり」のモデル形成を、福島県新地町を対象地域として実施するものです。

地域エネルギーモニタリングに関するビッグデータ解析とシナリオ検討を通した地域エネルギーシステムの将来ビジョン構築、地域住民との積極的なコミュニケーションを通した社会動態分析とニーズ把握に基づく定住環境検討、それらを統合した共創型地域マネジメント・まちづくりを、公・民・学連携の地域拠点「新地アーバンデザインセンター」をプラットフォームとして着実に実践していきます。さらに、そのプロセスに大学院学生が参画することにより、現場経験を基盤とする実践的な学習と研究を可能にし、地域の将来を担う人材育成の役割を果たすことをも目指します。

NEWS

※※オンライン企画を開催します!※※

みんなのシンチ オンライン広場 トークセッション

《「地域をよくする」方法(地域づくり)と「地域を知る」方法(フィールドワーク)のイノベーション》

~with/afterコロナ時代を迎えて〜

詳細はこちら

お申込みはこちら(8月5日(水)まで )