地域活動支援の実践型演習を通じた人材育成

《地域活動支援・メディア作成》

寺田 徹   (自然環境学専攻 准教授):ランドスケープ計画、都市計画

小林 博樹  (社会文化環境学専攻 教授):アニマルコンピュータインタラクション

吉田 葵  自然環境学専攻 特任助教):社会基盤、建築計画・都市計画、まちづくり、住民参加、都市デザイン

佐々木 遊太 (社会文化環境学専攻 非常勤講師):デジタルコンテンツ制作

鈴木 亮平  (自然環境学専攻 非常勤講師):都市デザイン、住民参加、まちづくり

[目的]

▪️演習に参加する学生が、社会課題の解決に向け、調査・議論を経て、提案を作成

▪️地域の内部関係者の住民・地域専門家と外部関係者の学生・教員がスタジオに参加し、知見を共有し、復興を支援し、より良い未来への新たな創造的手法を構築し、実践する人材を育成

[活動内容]

▪️「地域の景色を生み出す地域活動をデザインする」をコンセプトに、地域で活動する人々とともに考え、企画提案・実践し、地域の人々が前向きになれるよう後押しするスタジオの実施

▪️UDCしんちを中心に、新地町、市民まちづくり団体、東京大学の教員・学生が連携し、進める

地域活動デザインスタジオ

地域活動デザインスタジオで目指す人材育成

2022年度 地域活動デザインスタジオ in/with/for 新地町の実施計画立案(準備状況)

《おおよそのスケジュール》

【4月】基礎調査

【5月】現地調査

6月】企画提案


【7月】提案発表

【8月〜9月】実践

課題案① 観海堂公園での賑わいづくり
  • 活動実績のある市民団体と連携しながら、広場の活性化策を企画検討

  • 期間限定で実験

■観海堂公園

課題案② 低未利用公共施設の活用
  • 柔軟な利活用ができていない町有施設を実験的に活用

  • 市民活動へ開くための課題を抽出

■総合公園こどもの森管理事務所

情報環境デザインスタジオ

情報活動デザインスタジオの紹介

新しいビデオ.mp4

情報環境スタジオ紹介動画2021

2021年度情報活動デザインスタジオの活動成果

忘却に抗うためのメディア表現